ノマドワーカー向けカフェ@スコピエ 2選

スコピエで海外ノマドを始めるにあたって、かなり心配したのが「仕事ができるカフェがあるか」どうか、でした。

海外のカフェ文化がどのようなものか全く知りませんでしたし、日本のスタバのように安定したWifiが使えて、1つの注文で何時間もいられるようなカフェがあるのかどうか・・・

が、結論から言えばありました。ノマドワークできるカフェ。

宿泊先の管理人(元プログラマー)に教えてもらったのですが、かなり気に入り重宝していますのでシェアしようと思います。

目次

Public Room

まず1つ目はPublic Roomです。

      

店内はかなり広め。座席数も多く、いつ行っても4人席を1人で占有できます。フリーランス向けに設計した店舗のようで、「ぽい」人が一人で作業している姿もかなり見かけます。またイベントスペースなども用意されているようです。

難点は椅子が硬いこと。痩せている私は長時間座っていると座骨が痛くなってくるので、ここは個人的にマイナスポイントでした。

Kantina

2つ目はKantinaです。

  

クリームリゾット(260デナール)

Angel’s Kissというドリンク。シャレてるやん

Public Roomより座席数は少なく、よりインダストリアルな内装が特徴のカフェ。店内ではハウス等のクラブミュージックが流れており、カフェというより「バー」に近いかもしれません。結構アゲアゲな選曲が多いので好き嫌いが分かれるかも。店内の椅子はすべてソファタイプでやわらかく、何時間座っても痛くなることはありません。
エスプレッソ80デナール (≒178円) ~、その他パスタやサンドウィッチなど食事も可能です。


 

個人的に気になっていたのが、1人でカフェで作業していた場合、トイレに立つ際に荷物はどうすべきかということ。海外では盗難が多いと聞きますからね。

ただ少なくとも今回掲載したカフェで他の客を見る限りでは、PCはじめ荷物をそのまま座席に置いたままトイレに立っていました。北マケドニアでは盗難事件は少ないようです。

もちろん両カフェともWifiバッチリです。というかスコピエのネット環境は良く、基本的にどの店でもWifiが使えます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちら
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんにちは、今日滞在先から近いPublic Room行ってみました。確かに椅子が固い。お値段も少々上がってました。エスプレッソ90MKD

    • コメントありがとうございます!北マケドニアもインフレ・・・円安もヒドイので二重苦ですね。
      私が今いるアルメニアも思ったほど物価が安くなくてあまり生活コストを下げられていません

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次