『Reversible Sweatpants』全天候型のグラフェンパンツ。旅人やミニマリストのかゆい所に手が届く一着!

前回の記事ではGraphene-X社の2022年の新製品HOODIE-Xについてご紹介しました。

HOODIE-Xの最大のウリは温度最適化機能を持つ特殊なグラフェン生地が持つ汎用性。寒さ、暑さ、雨、雪、風に対応できるというものなのですが、実はこれと同じ生地を使ったパンツも用意されています。

それがReversible Sweatpants(リバーシブル・スウェットパンツ)

あまり大々的に宣伝されておらず、いつの間にかラインナップに加わっていたこちらのパンツ・・・私も実際に購入しました。

そして早速この冬(2022~23年)着用してみたのですが、そのスペックがかなり旅人やミニマリスト向けだったことから、無事に旅のお供にお迎えすることにいたしました(笑)

けいさん

上半身は過去に紹介しているグラフェンジャケットGRAnaREC、
下半身はにReversible Sweatpantsという組み合わせが現時点で最強装備という結論です
→ GRAnaRECのレビュー記事へ

そこでこの記事では、

  • 実際に着用して感じたReversible Sweatpantsの長所と短所
  • Reversible Sweatpantsを特にオススメできる人
  • 公式サイトでの注文方法

についてまとめました。

特に海外に行くことが多い旅人やノマド的な観点からのレビューです。同じような“属性”の方の参考になれば幸いです。

返品・サイズ交換可能

目次

Reversible Sweatpantsの長所5点

温度最適化機能

まず特筆すべきは、外部の温度にかかわらず中の温度をある程度一定に保つ機能。この機能により寒さにも暑さにも対応できるというオールシーズン仕様に仕上がっています。

同じ生地を使った同社のパーカーHOODIE-Xの紹介動画にはこの性能についての実験結果が表示されていて、

  • -17.5℃の環境下に30分間さらした結果、HOODIE-X内部は15℃をキープ
    (一般的なジャケットより6℃暖かかった)
  • 42.5℃の環境下に60分間さらした結果、HOODIE-X内部は38℃をキープ
    (一般的なジャケットより5℃涼しかった)

とアピールされています。

HOODIE-Xの紹介動画
(温度最適化機能の実験は0:20~1:05)
けいさん

ただし他のジャケットと比較は、その素材やスペック(重量など)などが明記されていないので、あまり意味がないと思いますが(笑)

海外では日中の寒暖差が激しい大陸性気候が多いです。そのため特に海外メインの旅人やノマドにとって、この温度最適化機能は嬉しい機能だと思います。

高い耐水性+通気性+防風性+耐久性+耐摩耗性

生地は特殊な3層構造になっており、次のようなスペックが備わっています。

  • 耐水性(Highly water-resistant)
  • 通気性(Breathable)
  • 防風性(Windproof)
  • 耐久性(Extremely durable)
  • 耐摩耗性(Extremely abrasion resistant)

まさに雨、雪、風すべてに対応した全天候型パンツ。

ポイントは耐水性と通気性という一見相反する性能を持っていることでしょう。

これは中間層のメンブレン生地(水滴の侵入を防ぎつつ、水蒸気は外へ逃がす透湿防水性のある生地)によるもので、これにより内部のムレも防ぐことができます。さらに耐久性まで高いとなれば、運動量の多いアウトドアにも最適ですね。

リバーシブル

リバーシブル仕様になっているため、裏表のどちらを外側にしても穿くことができます。これ1本で2本分持っていることになるので、「荷物を減らしたい」「服のバリエーションもある程度ほしい」というトレードオフの悩みの解決に一役買ってくれますね(笑)

また先述の通り生地は3層構造になっており、両面の素材は少し違っています。

片方はドイツのルドルフ社が開発したナイロンベースのRuco-thermファブリック(ナイロン88%+スパンテックス12%、70/30 + 30DOP)。ツルツルした肌触りが特徴で、触ると少しヒンヤリします。夏場はこちらの面を内側にして着用すると、涼しく感じられるようです。

ナイロンベースのRuco-thermファブリック
夏用の素材
けいさん

「涼しく感じられるよう」と表記したのは、まだ実際に夏場に穿いたことがないためですが、冬場に穿いてみた限りではかなり冷たかったです

もう片方はグラフェンを内蔵したグリッドフリース(150D/144F+75D)。こちらはモコモコした肌触りで柔らかく、触ると暖かく感じられるので、冬場には内側にして着用します。

少し凹凸のあるモコモコしたグリッドフリース
見るからに暖かそうだ
けいさん

この暖かさは想像以上でした!
パンツは上着と違って直接肌に触れるので、その素材自体が持つ温感や冷感は体感温度を左右する大きな要素なのだと気づかされました

【防犯上重要】チャック付きのポケット(全3つ)

ポケットはフロントサイドに2つ、後ろに1つの合計3つ付いており、すべてチャック付きです。しかもYKK製なので耐久性もバッチリ!

これにより以下のようなメリットがあります。

  • 治安が良くない地域でも安心して生活できる
  • アクティブに動くことの多いアウトドアで中身を紛失する恐れがなくなる
サイドポケット
フロントポケット
バックポケット
バックポケット
フロントポケット
バックポケット

紐で調節するウエスト

ウエストは紐で調節するタイプです(その代わりベルトの通し穴はありません)。

個々の体型に合うように調節しやすいだけでなく、金属製のパーツがないので空港でのセキュリティを通る際にいちいちベルトを外さなくて良いのも密かなメリット。

けいさん

そもそもベルト自体が意外とかさばるので、持ち歩きたくないという旅人も多いのではないでしょうか?

Reversible Sweatpantsの短所2点

少し厚手のためかさばる

3層構造の生地やリバーシブル仕様の裏返しだと思いますが、生地はそこまで薄くありません。そのため荷物としては少しかさばってしまうのがデメリットです。

ただしリバーシブル(実質的に2本分)であることや、年中穿けるという汎用性の高さから、「1着あれば不要な荷物を減らせるので良し」とする考え方もあるでしょう。

このあたりは個々の価値観や生活・行動スタイル次第、ということになりますね。

両面に口があるポケットはちょっと不安

パンツ自体はリバーシブル仕様ですがポケットは共有されています。そのためポケットはどちらの面からも開けられるようチャックが両面についています

ポケットを開いてみると反対側の
チャックが見える

なので仮に片面のチャックが開いたまま裏返しにして着てしまうと、ポケットの内側が開いたままになっていることになります。気を付けていればこのようなミスはなくなりますが、慣れるまでは少し注意を要するかもしれません。

【結論】グラフェンジャケットGRAnaRECと合わせて旅人的最強の装備に⁉

以上Reversible Sweatpantsの長所と短所をまとめました。多少の短所はあるものの、やはり旅人的に嬉しいポイントがここまで多いパンツはなかなか見当たらないので強くオススメできるパンツです。

特に以下に当てはまる点が多い人ほど満足度は高いはず。こちらも判断材料にしてみてください。

  • 暑さ、寒さ、雨、雪、風と全天候に対応したい方
  • タウンユースからアウトドアまで汎用的に使いたい方
  • 治安の悪い地域やアウトドアでも、ポケットに安心感がほしい方
  • ベルトを使いたくない・持ち歩きたくない方
  • 世界一周旅行者や放浪旅が好きな方
  • ミニマリスト志向の方

ちなみにジャケットでオススメなのはGRAnaREC(→ レビュー記事へ)、下半身は本記事で紹介したReversible Sweatpants。

個人的にはこの組み合わせが現時点での「旅人的最強コンビ」だと思っています。

けいさん

後述するようにReversible Sweatpantsだけでは価格的に送料無料になりません。なので仮に送料無料にすべく他の商品も同時購入したい場合、私なら迷わずGRAnaRECをオススメします

Graphene-X公式サイトで179ドル

購入はGraphene-Xの公式サイトから直接注文可能です。価格は179ドル(≒ 23,590円)

英語のサイトなので少々不安に思われるかもしれませんが、以下のような特典や保証が付いているので安心

Graphene-X公式サイトの購入特典
  • 国際便でも送料無料(189ドル以上の注文の場合。本パンツ単体では条件未達成
  • 返品&払い戻し可能(商品到着から30日以内)
  • サイズ変更も可能(商品到着から30日以内)

※ 返品やサイズ交換に関しては、タグを付けたまま送り返す必要があるので注意

商品力によほどの自信があることが垣間見えますね。

ただしいつまで続くかわかりませんのでその点はご了承ください。

US表記のサイズだけは要注意!

注意点は、サイズがUS表記のため、日本人にとってはやや大きめに作られていることです。
普段ご自身が着ているサイズの1つ下を選ぶと良いと思います

USサイズのため、サイズ表をよく確認しよう!

けいさん

私は身長173cmですが、Sサイズでちょうど良いサイズでした。

返品・サイズ交換可能

注文の流れ(パソコンでの例)

STEP
商品ページ

商品ページを開きます。

商品ページ

詳しいサイズ表を確認したい場合は「Size Chart」をクリックすれば確認できます。

サイズが決まったら、右下部分でサイズを選択して【ADD TO CART】をクリック。

STEP
カート確認画面
カート

右下の【CHECK OUT】をクリック。

STEP
メールアドレス・送付先フォーム

メールアドレスと送付先の住所を入力します。

最初、住所欄のところがアメリカの住所用?のフォームになっていますが、

「Country/region」で「Japan」を指定すると、次の画像のように日本仕様の住所フォームになります。

参考までに、国会議事堂の住所【〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1】の場合の入力例を示しておきました。

住所フォーム

すべて入力し終えたら、左下の【Continue to shipping】をクリック。

STEP
配送方法フォーム

佐川急便一択のようですので、左下の【Continue to payment】をクリック。

STEP
お支払い方法フォーム
お支払いフォーム

「Payment」のところでお支払い方法(クレジットカードまたはペイパル)を入力します。

「Billing Address」は請求先住所です。指定した支払方法に登録された住所と同じ住所を選択しましょう。

最後に左下の「Pay now」をクリック。

これで注文完了です。

注文後は追跡コードが送られてきますので、配送状況を専用ページで確認することができます。

ページへの反映は多少タイムラグがありましたが、無事届きますので気楽に到着を待ちましょう!
(私の場合はだいたい1週間くらいで届きました)

それでは快適なグラフェンライフをお楽しみください。

返品・サイズ交換可能

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次